日本と豆の歴史

日本と豆の歴史

 

大豆の発祥の地は満州やインド、東南アジアなど様々な説があり、詳しいことはわかっていません。
日本に大豆が伝えられた時期も明白になっておらず、わかっているのは中国から伝えられたということだけです。

 

豆乳 大豆畑

 

ですが、仮説では、水稲が伝えられた弥生時代であったのではないかとされています。
そう考えると、大豆はとても古くから日本人に親しまれてきていることがわかります。
漢方などに使用されることもありましたし、加工して食品として食べられることもありました。
大豆は今も昔も変わらず、健康を促進するために万能な食品として利用されていたのです。

 

醤油や豆腐の始まりは、中国であったとされています。
そのため、醤油や豆腐の作り方は、中国から伝えられたもののようです。
ですが、大豆と言えば日本人ならすぐに思い浮かぶ「納豆」は、日本で生まれました。
大豆を保管していたところ、偶然納豆菌が付着して、誕生したと言われています。
また、高野豆腐も日本で偶然誕生したものであるようです。
大豆を加工した食品は様々なものがありますが、どれも健康に良いとされています。
日本人は、健康のために大豆を食べ続けてきたのです。

 

 

いつから豆乳が生まれたの?

 

豆乳は、中国で豆腐を作っている家庭で生まれ、古くから飲まれていたとされています。
日本では、室町時代の書物に豆乳のことがかかれており、
豆腐の作り方と一緒に中国から入ってきたのではないかという説があります。

 

豆乳には、美容・ダイエットや健康に効果があることで注目されています。
豆乳に含まれている成分に脂肪の吸収を抑える働きがあるので、豆乳ダイエットが話題になりました。
特に無調整豆乳は濃度が高いため、ダイエットの効果も高いです。
ですが、豆乳は大豆特有の風味があるため、飲むのが苦手という人もいるでしょう。
そのような時には、飲みやすくするための工夫をしてみると良いでしょう。
豆乳に牛乳を混ぜてみると、サラッとして飲みやすくなります。
また、きなこや蜂蜜などの甘いものを混ぜることで、スイーツ感覚で豆乳を飲み続けることが出来るでしょう。
ダイエットに効果の高い無調整豆乳は、特に大豆の風味が強いため、このように工夫して飲むことをおすすめします。

 

豆乳は、昔から体に良いものとして愛されてきました。
最近では、様々な味の豆乳飲料も販売されています。
毎日楽しんで飲める工夫をして、豆乳を美容・健康のために続けてみてはいかがでしょうか?

 

人気No1バストアップサプリ