豆乳ダイエット 方法・長所と短所

豆乳ダイエットのやり方

 

豆乳には、脂肪の吸収を抑える働きがあります。
この働きを利用した、「豆乳ダイエット」というものがあるのをご存知でしょうか?
豆乳は、そのままだと飲みにくいという人も多いでしょう。
特に、ダイエットに効果的とされる無調整豆乳は、大豆特有の味が強いため飲みにくいかもしれません。
他の食材と混ぜ合わせたり、スイーツとして取り入れるなどして、上手く豆乳を摂取していきましょう。

 

豆乳ダイエットには、厳しい食事制限や運動は必要ありません。
その代わり、毎日必ず豆乳を摂取するようにします。
朝・昼・晩の食事前にコップ1杯分の豆乳を飲むことが目安とされていますが、おやつとして摂取しても良いですので、
自分の摂りやすい方法を見つけていきましょう。
より高いダイエット効果を得たいと考えている場合は、無調整豆乳を選ぶことをおすすめします。
無調整豆乳は濃度が高く、脂肪の吸収を抑えてくれる成分であるサポニンが豊富に含まれています。
無調整豆乳はそのままだと飲みにくいかもしれませんが、インターネットで検索してみると様々なレシピが出てきますので、
参考にしてみると良いでしょう。
レシピの一例として、豆乳にきなこと蜂蜜を混ぜたドリンクがあります。
きなこは食物繊維が豊富なのでお通じの改善に繋がりますし、蜂蜜は脂肪を燃焼する効果があります。
ダイエットに効果のある食材を混ぜ合わせることで、より高い効果を得られると良いですね。

 

 

豆乳ダイエットのメリットデメリット

 

豆乳ダイエットには、メリットばかりです。
豆乳を積極的に飲むことで、大豆に含まれる成分の働きで脂肪の吸収を抑えることが出来ます。
また、適度な量を摂取していれば、生理痛が和らぐなどのメリットもあります。
ダイエットにより高い効果を得たいのであれば、無調整豆乳を飲むことをおすすめします。
普通の豆乳よりも大豆の成分が高濃度で含まれていますので、より効果を得ることが出来ます。
無調整豆乳はそのままでは飲みにくいかもしれませんので、飲みやすくするための工夫をすると良いですね。

 

良いことばかりの豆乳ダイエットですが、デメリットもあります。
豆乳を過剰に摂取し過ぎると、女性ホルモンのバランスを崩してしまう恐れがあります。
女性ホルモンのバランスが崩れると、生理周期が乱れてしまいます。
豆乳ダイエットをする際の摂取量の目安は、朝・昼・晩の食事前にコップ1杯ずつ飲む程度です。
ダイエット効果を早く実感したいからといって豆乳を飲み過ぎてしまうと、
ホルモンバランスを崩してしまいますので注意しましょう。
飲み過ぎないということにさえ注意すれば、豆乳ダイエットはとても簡単で効果の高いダイエットです。
メリットだけでなくデメリットも理解した上で、ダイエットを始められると良いですね。

 

人気No1バストアップサプリ